死生観|自分史、記念誌を1冊から作成。喜寿お祝い、米寿お祝いなどの各種お祝いごとにもご利用いただけます。

思い出出版

「健全な死生観」

 現代の日本人は、先の戦争への反省から宗教教育を制限してきたこともあり、諸外国に比べ、死生観の自由度が高いように思われます。そして、死生観は宗教観と密接に結びついていることが多いので、特定の宗教観を持たない人にとっては、死生観を自分で築いていくことになります。

「身近な死」
 今でこそ、日本人の平均寿命が80歳を優に越え、世界屈指の長寿社会を迎えているのですが、戦後の1947年は、男性50.06歳、女性53.96歳、さらに、1920年代初頭は男性42.06歳、女性43.20歳、でした。100年前は、今の半分ぐらいの平均寿命だったようです。先の戦時中よりも10歳程、短かったのです。戦時中、成人男子は兵役のために短命であり、残された家族も食べることに窮して亡くなることは想像できますが、それ以上に短いとうことに驚きを隠せません。、食べるものも満足になたっかでしょうし、病気にっても医療を受けられない人がほとんどだったのではないでしょうか。子どものうちに亡くなることも多かったでしょう。今よりもずっと「死」が身近にあったということだと思います。

 遠野物語には、60歳を過ぎると、食い扶持を減らすためにテンデラ野という場所に追いやられる風習が記されています。日本各地に似たような棄老伝説が残されていますが、それだけ食べることが難しかったということでしょう。
 また、江戸時代、武士は帯刀し、『葉隠』で知られる「武士道と云うは、死ぬ事と見つけたり」という一節にもみられるように、主君への忠義のために命を落とす覚悟を強くもっていたようです相手を殺すという心構えと同時に、殺されても仕方ないという心構えも身に付けていたということです。。彼らには切り捨て御免という殺人の特権が認められていましたので、町民や農民も、普段から武士に殺されてはいけないと怯えていたのではないでしょうか。
 時代をさかのぼればのぼるほど、命にかかわるような危険にさらされていたことが分かります。